比較的自由に仕事が選べる

IT派遣の仕事内容は、大きく二つに分かれます。高度なスキルを持っている人と初歩的なスキルしか持っていない人で、任される仕事の内容が大きく変わってくるのです。高度なスキルを持つ人たちのことを、昔は特定派遣と呼んでいました。こうした人たちは、企業のプロジェクトのリーダーを任されることもあります。派遣であっても、比較的自由に自分の意思で仕事内容を決めていけます。責任も重いですが、給料も高く、人によっては月収100万円近くを稼ぐ場合もあります。高度で専門的なスキルを武器にして、様々な会社で仕事を楽しんでいるのがこうしたタイプの人たちです。

一方、初歩的なスキルしかない人は、仕事を選ぶ自由もあまりありません。基本的には末端の実装部分を担当することが多くなります。誰にでもできることを人海戦術で早期に終わらせてしまおうと考えている会社が、広く一般に仕事を撒きます。それらを一つ一つ拾っていくのが主な仕事のスタイルになります。給料は比較的安くて、年収が300万円以下であるのが普通です。こうした人達は、早期にスキルアップをしないと生活がいつまで経っても上向きません。ただ、難しい知識や高度な技術が必要ないケースが多いので、その点ではメリットがあるといえます。責任も重くはないので、収入が低くても気楽に仕事をしていきたい場合にはうってつけの職になります。会社を移り変わりやすく、自分に合った仕事を選びやすいので、その点も歓迎されています。